【株価ブラウザ明日香】 [新着情報] [画面ピックアップ] [ライセンス購入] [オンラインマニュアル] [よくある質問と回答] [お問い合わせ]


【株価ブラウザ明日香】出来高異常シグナル

 【明日香】に搭載されている出来高異常シグナルの使い方について説明します 。


【株価ブラウザ明日香】 - [オンラインマニュアル] - [出来高異常シグナル]


■出来高異常シグナルとは?

 【明日香】には、[A]〜[E]まで5段階の出来高異常シグナルが搭載されています。

 出来高異常シグナル

 出来高異常シグナルは、各銘柄の出来高異常を検出し、5段階にランクづけして分かりやすく表示します。
 このシグナルは、特定の銘柄が人気化したり、天井・大底、あるいは転換点において出来高異常が発生するという相場の性質を利用したものです。

 通常、人気株は上昇率上位、出来高上位、売買代金上位などのランキング情報として提供されますが、これだけの情報では見落とされてしまう銘柄が多く存在しています。
 【明日香】では、全銘柄を対象に異常シグナルを検出し、ランク別に一覧表示できますので、通常ランキングでは捕捉できない銘柄を含む、より精度の高い監視が可能となります。

 また、【明日香】の出来高異常シグナルには、場中でのリアルタイム検出が可能という特徴があります。
 通常の売買シグナルは、終値ベースで計算しますのでシグナル点灯から売買まで1日の遅れが生じますが、【明日香】では取引時間中にも検出が可能ですので、素早い投資判断を必要とするセミプロ投資家のニーズにも答えます。

 リアルタイム検出を行う場合は、Yahoo!ファイナンスVIP倶楽部への入会が必要となります。
 (Yahoo!ファイナンスVIP倶楽部に入会していない場合、株価情報は20分遅れですが、それでも十分に使えます。)

 さらに、【明日香】の出来高異常シグナルは、当日株価での検出に加えて、日足、週足、月足の各チャートに過去のシグナル推移を重ねて表示できますので、中長期のチャート分析としても活用いただけます。

■出来高異常シグナルの検出例

 シグナルと株価チャートを併用することで、
 より精度の高い銘柄選択が可能となります。

[A]  検出例
 東都水産の日足チャート。出来高チャートでは表現しきれない相場の過熱感を検知しています。
[B]  検出例
 オリコンの週足チャート。中期の転換点を見事に検出しています。
[C]  検出例
 ケンコーコムの週足チャート。IPO後、シグナル点灯がなくなり調整局面を迎えています。
[D]  検出例
 アガスタの日足チャート。初動検知のパターンです。リアルタイム検出も可能なので初動に乗り遅れません。
[E]  検出例
 ゆるやかな長期上昇相場となったユニデンの月足チャート。長期の初動でもシグナルを検出しています。

■出来高異常シグナルの意味

[A]
極めて大きい出来高異常を検出しています
 通常、[A]を検出する銘柄は、ごくわずかです。
 株価の上昇や下落が伴った場合はストップ高、ストップ安となり、出来高だけが大きくなりにくいという性質があります。
 [A]検出は、株価がストップ制限とならず出来高だけが膨らむという特殊な状況を意味します。
[B]
非常に大きい出来高異常を検出しています
 [B]以上の出来高が検出された銘柄は、株式市場でまさに主役となっている中心銘柄です。
 大きな材料が出た銘柄、物色の中心セクター銘柄、IPOや倒産の銘柄、仕手株などの検出例があります。
[C]
大きい出来高異常を検出しています
 [B]ほどではありませんが、大きい出来高異常を検出しています。
 検出数も[A]、[B]よりも多くなり、人気株が多く含まれています。
 このあたりのランクから、市場ではあまり注目されていない銘柄でも検出されるケースが出てきます。
 隠されたよい銘柄を探してみてください。
[D]
中程度の出来高異常を検出しています
 [D]ランクの銘柄は比較的多く検出されます。
 活発に取引されている銘柄が中心ですが、各種ランキングから漏れている銘柄も多く含まれています。
 初動の銘柄、人気が失速した銘柄など玉石混合ですが、投資対象の銘柄を広く探すのに適しています。
[E]
小さい出来高異常を検出しています
 [E]ランクの銘柄には、さらに多くの銘柄が検出されます。
 小さな異常を検出して、相場の転換点の可能性を示唆します。
 これまで動きがなかった銘柄に検出された場合は、初動の可能性があります。
 これまで上位ランクで検出されていた人気株の場合は、相場の終了または調整局面入りを暗示します。

■出来高異常シグナルの使い方

出来高異常シグナルは、あくまで投資の参考情報です。
最終判断はご自身で行ってください。

[A]〜[C] 大きい出来高異常を検知し、相場過熱を意味しています。
デイトレ・利食い・損切りのシグナルになります。
デイトレなど超短期指向の上級者に最適な銘柄です。
中長期での買いシグナルではありません。
保有株にシグナルが点灯すれば利食い・損切りを考慮する時期となります。
[C]〜[E] 出来高異常を検知し、相場転換を暗示しています。
新規買い・新規売りのシグナルになります。
今まで動きのなかった銘柄は初動の可能性があります。買いシグナルです。
上位ランクの人気株だった場合は調整入り、相場終了の可能性があります。売りシグナルです。

・デイトレの対象銘柄を探す
 デイトレ指向の上級者の方向けに、ターゲット候補となる銘柄の情報を提供します。
 出来高異常シグナルは取引時間中でも点灯しますので、[A]〜[C]などの上位ランクの銘柄を中心にターゲットを探してください 。
 デイトレの場合でも初動検知できた場合は、より大きなキャピタルゲインを得ることができます。

・中長期の投資対象銘柄を探す
 [C]〜[E]の下位ランクを中心にチャートを併用しながら投資対象となる銘柄を探します。
 出来高異常シグナルは、株価トレンドの転換点や初動検知に適していますので、中長期で見た場合でも有利な銘柄選択が可能になります。
 割安株は、いつかは見直されて上がりますが、それが半年後なのか1年後なのか分かりません。
 出来高異常シグナルを利用することで、初動検知して上昇が始まった直後の銘柄を探すことができ、効率的な投資が可能になります。

・保有株の売買タイミングの参考にする
 保有株が人気化して上昇してきた場合や、大きく下げて損切りを考えている場合。
 相場の動きが[E]で終わるか、[A]の大相場になるかは、終わってみなければ分かりません。
 出来高異常シグナルは客観的な基準情報としてランク検出します。最終判断の材料として使用してください。

■出来高異常シグナルの性質

・出来高=ランク比例の法則
 出来高が多いほど上位のランク、少ないほど下位のランクになります。
 ただし、どの程度の出来高の場合にどのランクになるかは、銘柄によって異なります。

・出来高=ランク一致の法則
 検出された銘柄が同じ場合、同じ出来高は同じランクになります。
 今日の出来高が昨日の出来高と同じ場合は、ランクも同じです。
 ただし、取引時間中の場合は別の法則が加重して適用されます。

・出来高=時間反比例の法則
 同じ出来高の場合、取引時間が少ないほど上位ランクになります。
 前場寄付で大きな取引があり、上位に検出された場合でも、以後取引がないとランクは下がっていきます。

・IPO銘柄と倒産銘柄に注意
 銘柄が最も売買されるのは倒産のとき。その次がIPO(新規公開)のときです。
 倒産銘柄はすぐ分かると思いますが、リアルタイム検出の場合は情報より先に株価が急落する場合がありますので注意が必要です。
 上位ランクにはIPO銘柄も多く検出されますが、IPO銘柄は過去チャートはありませんし、四季報などの情報もない場合が多いので注意してください。
 多くのIPO銘柄は公開直後が最も取引量が多く、その後は急速に取引がしぼんでしまいます。(株価の上下は別としてランクは下がります。)


【株価ブラウザ明日香】Copyright (C) 1998-2017 tolkien soft