【株価ブラウザ明日香】 [新着情報] [画面ピックアップ] [ライセンス購入] [オンラインマニュアル] [よくある質問と回答] [お問い合わせ]


【株価ブラウザ明日香】外部データフォルダの設定方法

 外部データフォルダの設定方法について解説します。


【株価ブラウザ明日香】 - [オンラインマニュアル] - [外部データフォルダの設定方法]


■標準のデータフォルダについて

WindowsVista/7/8の場合C:\Users\<ログイン名>\AppData\Roaming\tolkien soft\asuka
Windows2000/XPの場合C:\Documents and Settings\<ログイン名>\Application Data\tolkien soft\asuka
Windows98/MEの場合C:\Windows\Appication Data\tolkien soft\asuka

 標準のデータフォルダは、Windowsのユーザーフォルダ以下に作成される隠しフォルダになっています。
 外部フォルダと接続できない場合でも、標準のデータフォルダは常に参照できるので、外部フォルダの設定の有無にかかわらず、【明日香】を常に起動することができます。

 ※標準のデータフォルダは、[オプション]-[ファイルの設定]で変更することもできます。

■外部データフォルダについて

 【明日香】は、標準のデータフォルダとは別に、外部のデータフォルダを設定することができます。
 外部フォルダには、【明日香】の起動・終了時に新しいファイルをコピーすることができますので、自動バックアップフォルダとして利用したり、ネットワーク上を指定して共有データフォルダとしても利用することができます。

 ※外部データフォルダは、[オプション]-[ファイルの設定]で指定することができます。

■外部データフォルダの活用方法

  外部のデータフォルダには任意の場所を指定できます。また、起動・終了時のコピー処理について指定することができます。

[自動バックアップ]
 標準フォルダと外部フォルダのファイルのタイムスタンプを比較して、
 新しいデータファイルを標準フォルダ→外部フォルダにコピーすることができます。

[自動リストア]
 標準フォルダと外部フォルダのファイルのタイムスタンプを比較して、
 新しいデータファイルを外部フォルダ→標準フォルダにコピーすることができます。

 外部フォルダで共有できるファイルは、下記のデータファイルです。
  MARKET.CSV  銘柄情報ファイル
  SLIST.DAT  注目銘柄のリスト情報
  PLIST.DAT  ポートフォリオのリスト情報
  HLIST.DAT  取引履歴のリスト情報
  STREE.DAT  注目銘柄のツリー情報
  PTREE.DAT  ポートフォリオのツリー情報
  HTREE.DAT  取引履歴のツリー情報
  FUNDA.TXT  財務情報ファイル
  \memo\*.txt 銘柄メモの情報
  \zaimu\*.csv 財務3点ファイル

 ファイルの設定

■自動バックアップに利用する

 任意の外部フォルダを設定し、[自動バックアップ]のチェックを有効に設定します。
 自動バックアップの目的で外部フォルダを利用する場合は、[自動リストア]を有効にする必要はありません。
 バックアップデータを復元したい場合は、[インポート機能]で外部フォルダを指定してください。

 この指定方法は、外部フォルダへの書き出しのみで、外部フォルダから標準フォルダへの読み込みを常時行わないため、標準フォルダの安全性を確保することができます。

■複数端末間でのデータ共有

 複数のパソコンに【明日香】をセットアップして、それぞれに共有フォルダや共有ネットワーク上の同じフォルダを指定すると、データを共有することができるようになります。
 複数のパソコンでデータを共有する場合は、必ず同じバージョンの【明日香】をパソコンにセットアップするようにしてください。

 データ共有を有効にするためには、それぞれのパソコンで外部フォルダの設定を行う必要があります。
 データ共有には、設定方法によりマスター・スレーブ型並列型の2種類のタイプがあります。

■マスター・スレーブ型のデータ共有

 1台のパソコンを自動バックアップのみ行うマスター(親)パソコンに設定し、他のパソコンでは自動リストアのみを行うスレーブ(子)パソコンに設定すると比較的安全にデータ共有することができます。

 マスター・スレーブ型では、マスター(親)パソコンは安全性の高い自動バックアップ型として機能し、スレーブ(子)パソコンは、バックアップのデータを参照的に読み込んで起動します。スレーブから外部フォルダへの書き込みが行われないため、外部フォルダの安全性も確保できます。
 (ただし、【明日香】の標準フォルダと比べると、外部フォルダは自由にアクセスできますので、第3者からの改変リスクの可能性を否定することはできません。)

■並列型のデータ共有

 複数のパソコンで自動バックアップと自動リストアを行うように設定すると、複数のパソコンで【明日香】のデータを編集・反映できるようになります。
 例えば、リムーバブルディスクを外部フォルダに指定して、自宅のパソコンと職場のパソコンとでデータを共有するなどの使い方が可能になります。

 並列型のデータ共有は非常に便利ですが、その反面で大きなリスクがありますので、トラブルの発生を前提としたリスク対策を採って運用することが条件となります。

 【明日香】では差分更新や排他制御のサポートを特に行っていませんので、複数のパソコンで同時に起動・編集を行った場合、一部のデータが消失する可能性があります。
 【明日香】のデータファイルにはバージョン管理情報は含まれていません。従って、異なるバージョンの【明日香】で同時に起動・編集を行った場合、データファイルの整合性が保持されず、データが破壊される可能性があります。
 【明日香】では、タイムスタンプによるファイル比較を行っていますので、いずれからのパソコンの時計が正常に動作していないとデータ共有が正常に機能しない可能性があります。
 【明日香】では、ファイルコピーに失敗した場合でもエラーメッセージは表示しません。

■インポート・エクスポート機能との違い

 [インポート機能][エクスポート機能]は、起動中の【明日香】に対して指定フォルダのデータファイルを強制読み込み、強制保存します。

 インポート時には、既存のデータは破棄されて外部から読み込まれたデータに置き換わります。
 エクスポート時には、既存のデータが強制的に外部に上書き保存されます。

 外部フォルダの設定では、自動バックアップや共有フォルダとしての利用を前提としていますので、タイムスタンプを比較して新しいデータファイルのみをコピーするようになっています。
 また、インポート・エクスポート機能にはMARKET.CSVは含まれていませんが、外部フォルダの設定ではMARKET.CSVも対象とすることができます。

 バックアップデータの確実な復元を目的として使用する場合は、インポート機能経由でデータ復元することをお勧めします。

■サポートについて

 データの共有には、ネットワークやファイルシステムについての高度な知識が必要となります。
 本機能は、ご自身ですべての設定およびトラブルの解決ができる方を対象として提供させていただきます。

 本機能は、通常サポートの対象外となります。


【株価ブラウザ明日香】Copyright (C) 1998-2017 tolkien soft