【株価ブラウザ明日香】 [新着情報] [画面ピックアップ] [ライセンス購入] [オンラインマニュアル] [よくある質問と回答] [お問い合わせ]


【株価ブラウザ明日香】手数料データのカスタマイズ方法

 手数料データファイルの構造やカスタマイズ方法について説明します。


【株価ブラウザ明日香】 - [オンラインマニュアル] - [手数料データのカスタマイズ方法]


■手数料データファイルについて

 【明日香】は計算時に、手数料データファイル格納フォルダから手数料データファイルの内容を読み込みます。
 手数料データファイル格納フォルダは、【明日香】をインストールしたフォルダのサブフォルダとしてfeeという名前で作成されています。

例)

インストールフォルダc:\Program Files\asuka の場合
手数料データファイル格納フォルダc:\Program Files\asuka\fee

 手数料データファイル格納フォルダには、手数料データファイル(拡張子: *.fee)が格納されています。
 手数料データファイルは、料金体系毎にファイル化されています。手数料データファイルのファイル名には、会社名+(分類)+適用日の規則が適用されています。
 複数の料金体系を持つ証券会社の場合は、手数料データファイルも複数存在します。

  大和9910.fee
  HIS指値0001.fee
  マネックス指値0004.fee

 会社名: 証券会社名を示します。略記となる場合もあります。
 分類: 料金体系が複数ある場合には、分類を示します。
 適用日: 手数料の適用日を示します。9910の場合は99年10月を示します。

 【明日香】は、主要証券各社のホームトレード手数料を広くサポートしていますが、電話取引での手数料や取引実績に応じた特別割引などはサポートしておりません。

 【明日香】でサポートしていない手数料の場合でも、手数料データファイルをカスタマイズしたり、新規追加することによって、柔軟な対応が可能となります。

■手数料データファイルの構造

 手数料データファイルはTSV形式のテキストファイルですので、エディタなどで編集することができます。
 売買代金によって手数料の異なる料金テーブルの場合でも、複数行に渡ってデータを設定することができます。

手数料データファイルの例
-1	月会費を除く
0	2000	1000000	0
2000	0	30000000	1000000
0	60000	-1	30000000

 先頭行に限り、-1を設定しておくと全角64文字以内のコメントを記入できます。

 設定行では、手数料と売買代金の情報を4種類の項目で設定します。

 比例手数料: 手数料の比例部分を0.0001%単位で指定します。
 固定手数料: 手数料の固定部分を1円単位で指定します。
 上限売買代金: 売買代金の上限を1円単位で指定します。
 上限の制限がない場合は-1を指定します。
 下限売買代金: 売買代金の下限を1円単位で指定します。

例)

 比例制0.2%(100万円〜3000万円)
2000	0	30000000	1000000
 比例制0.1%(100万円以上)
1000	0	-1	1000000
 固定制1500円(100万円まで)
0	1500	1000000	0
 固定制2000円(売買代金無制限)
0	2000	-1	0
 連用制0.6%+2500円(100万円〜500万円)
6000	2500	5000000	1000000
 固定制1000円(最低手数料の指定)
0	1000	0	0
 固定制20000円(上限手数料の指定)
0	2000	-1	-1

 最低手数料は先頭行、上限手数料は最終行で指定します。
 詳しくは、標準添付の手数料データファイルを参照してください。

 新しい手数料データファイルを追加した場合は、【明日香】の手数料選択画面に拡張子を除いた名前で一覧に追加されます。
 [損益計算]などで確認してみてください。

損益計算ダイアログ

■サポートについて

 手数料データファイルのカスタマイズは自己責任で行ってください。
 カスタマイズに関するサポートは行っておりません。


【株価ブラウザ明日香】Copyright (C) 1998-2017 tolkien soft